月別: 2017年3月

高知市内にある病院通薬局みさと店にて

リリカの安全性についての勉強会を、エーザイ株式会社さまに開催していただきました。

国際疼痛学会をはじめとする主要学会等において神経障害性疼痛又は線維筋痛症の第一選択薬に推奨されているお薬で、他の痛み止めとの違いや、安全性等について勉強することができました。

また、関節リウマチのお薬であるケアラム錠や、ヒュミラ皮下注に関する質問も受け付けて頂きました。

 

病院通薬局では、リウマチや線維筋痛症に特化した病院の処方箋を受け付けておりますので、大変勉強になりました。ありがとうございました。

四国厚生支局より、

平成28年度診療報酬改定において

経過措置中の施設基準の取扱いについて通知がありました。

調剤薬局としては、

①調剤基本料

②かかりつけ薬剤師指導料 及び かかりつけ薬剤師包括指導料 です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①対象項目の算定回数が1年間(前年3月~当年2月末迄)に合計10回未満の保険薬局は、調剤基本料を100分の50とする。

(処方箋の受付回数が1月に600回以下の保険薬局を除く)

 

調剤料の時間外加算、夜間・休日等加算・重複投薬・相互作用等防止加算

在宅患者訪問薬剤管理指導料 その他は下記リンクで。

 

 

②研修認定を取得していることを確認できる文書を添付していない保険薬局は届出が必要。

●別添2

●別添2の様式90

●研修認定を取得していることを確認できる文書

※注意・・・別添2の様式90の記載上の注意にある別添2の様式4は今回提出不要。

 

平成29年4月10日までに届出→4月30日までに受理→4月1日に遡って算定可能

 

中国四国厚生局HP http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/chugokushikoku/news/2012/28keikasochi.html

高知県中央西福祉保健所主催、

平成28年度多職種連携研修会 に参加いたしました。

 

地域の在宅療養の推進を図るため、病気や障害があっても、住み慣れた地域で安心して過ごすことができるよう、医療・介護・福祉連携の在り方や、地域包括ケアシステムの充実を目的とした研修会でした。

 

テーマ:「多職種協働で支える在宅医療・介護について」

~ 家族の思いをそれぞれの立場で支える~

 

患者様家族の方のお話しや、支援センターのケアマネージャーさん、訪問看護ステーションの方のお話しを聞くことが出来ました。

多職種で、グループディスカッションや、意見交換を行ったことは、大変有意義で貴重な体験でした。調剤薬局の薬剤師が出席したことを喜んで頂けて、私共も嬉しかったです。ありがとうございました。

平成29年3月3日金曜日

 

「松山大学就職合同セミナー」に初参加させていただきました。

 

高知県の調剤薬局として、病院通薬局・ダイリン薬局を、多くの学生さんに知っていただきたいという思いで、パンフレットをお渡ししたり、お声をかけさせていただきました。

 

ブースに来ていただけた学生さんには、高知県の魅力・弊社の魅力も十分にお話し出来たと自負しております。高知県出身の方にもお越しいただき、熱心にお話を聞いていただけて大変嬉しかったです。

この出会いを大切に、弊社で明るく楽しく一緒に働いていただけるよう、より良い薬局づくりを目指します。

松山大学HP https://www.matsuyama-u.ac.jp/