お薬手帳を調剤薬局へ持参して頂くと、自己負担が安くなることをご存じですか?

同じ薬局を利用して、お薬手帳を持参すると、最大40円お安くなります。

(※自己負担割合によります。)

【お薬手帳を使うメリット】

  • 副作用のリスクを減らす。
  • アレルギー歴・過去の病歴情報。
  • 災害時の活用。
  • 市販薬やサプリとの相互作用チェック。

病院通薬局・ダイリン薬局でも、お薬手帳をすぐに作ることができますので、

お気軽にお申しつけ下さい。

高知県では、「高知県はひとつの家族やき」をモットーとして様々な取り組みをしております。

これは医療業界でも同じことです。

「高知あんしんネット」は、地域の病院・薬局・介護施設 等を直接24時間ネットワークでつなげ、住民の健康を連携して支える仕組みです。

弊社もこの高知県の取り組みに賛同し、病院通薬局・ダイリン薬局 全店参加申し込みを済ませました。より地域全体の連携、多職種連携を目指してまいります!

高知あんしんネットとは?

http://kochi-anshinnet.kmict-lc.com/about

 

令和2年2月16日 高知龍馬マラソンが開催されました。

高知県内外からも毎年大勢参加で、今年は1万1,816人参加されたそうです。ランナーの皆様には高知のかつお飯など、地元ならではのものも振る舞われ、高知流のおもてなしで開催されたようです。

病院通薬局・ダイリン薬局でも

・スタッフがランナーとして参加

・ボランティアとして参加

・家族の応援でサポート役として参加

様々な形で地元高知を盛り上げました!

令和2年2月12日 病院通薬局・ダイリン薬局、合同勉強会を開催しました。

・選択的ミネラルコルチコイド受容体ブロッカー「ミネブロ錠について」

・第一三共さま

高血圧は生活習慣病の中でも最も有病者が多く、治療中の患者は2,450万人。治療中にも関わらずコントロール不良は51%に上ると推計されています。(高血圧ガイドライン2019より)

肥満や糖尿病などの生活習慣病との関連を研究しているとのことで、治療戦略のお話を聞くことができました。

病院通薬局みさと店では、

高知市社会福祉協議会さまが活動している

「ほおっちょけん相談窓口」として認定されました!

 

弊社の病院通薬局あぞの店では、すでに認定されており、

以前、高知新聞さまにも取材に来ていただき、掲載されました。

今までの相談事例としては、

●地域の方の相談事を聞き、必要であれば各担当の行政機関へ繋ぐ。

●一人暮らしの方から、「ケガをして病院へ行けない。」等の相談に

対応する。

等、少しずつですが、

地域に貢献できる薬局を目指して活動しております。