「平成30年度調剤報酬改定について」勉強会開催。調剤報酬点数PDF掲載。

※画像をクリックすると拡大されます

平成30年3月9日病院通薬局あぞの店にて

エルメッド・エーザイ株式会社さまより

「平成30年度調剤報酬改定について」

 

今後の薬局の在り方を、厚生労働省の患者のための薬局ビジョンを使ってご説明頂きました。

スタッフからは、カラーの資料が見やすいとの評判で、大好評でした!ありがとうございました。

 

調剤薬局は、かかりつけ薬局・健康サポート薬局

として充実をはかり、多職種連携をして地域密着の在宅医療に関わっていくことが大切であるという事が良く分かりました。

 

地域包括ケアにおける薬剤師・薬局の存在は、今後益々大きなものとなります。

 

高知県の65歳以上の高齢化率は32.5%(日本医師会2015年)。その代わり、病院や薬局の数は、全国平均を上回っており(2017年現在)、高知県の医療従事者は皆、地域医療に携わるべく奮闘している環境です。特に直接患者さまとお話しする機会の多い

薬局薬剤師は、地域医療になくてはならない存在です。

 

そんな地域密着型調剤薬局を、

病院通薬局・ダイリン薬局の医療従事者全員で目指しております。

厚生労働省HPより 中央社会保険医療協議会答申(平成30年2月7日)

調剤報酬点数のPDF http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000196431.pdf